ケララ通信


by TakagoYasuko

タグ:ケララ ( 26 ) タグの人気記事

ただいま!

f0144357_1644451.jpg




長いって思ってたけど、あっという間だったインドでの生活から戻ってきました。

やっぱりインドはディープだった!

何があったわけじゃない・・・
インドという場所に、ただひたすら深いテーマを与えられ必死でこなしてきたような。


途中から、身体的にも精神的にもあまりにも大変でアウトプットができなくなってしまいました。
ブログを楽しみにしててくれたのにね。


帰ってきてからは、今度は日本の毒にあたったのか(笑)なかなか本調子に戻らず、スローにぼちぼち動いてました。



やっと新しく腰を落ち着ける場所も決まり、次のステージに向けて動き出した感覚をいま実感しています。


次のステージは『葉山』

半年間暮らしたアシュラムに思いを馳せて、海の近くに移ります。



Miniアシュラムとして、インドのそれと同じように人々が安らぐ場所になる事を祈って・・・
[PR]
by takagoyasuko | 2010-02-06 15:59 | ケララ滞在記

日本のみなさんへ

f0144357_18593157.gif



インドKerala に来て、もうすぐ日程が半分過ぎようとしています。

いろんな事がありすぎて一言ではとても語れませんが、アーユルヴェーダにどっぷり浸かった生活は、たくさんの素晴らしい恩恵を与えてくれました。


まず、食生活が大幅にかわった事。
インドに来てから、ずっとベジタリアン食で、乳製品以外の動物性の物はいっさい食べていません。
お酒もあたり前のように飲む機会もありません。

そして、食事の時に一緒に飲み物(水分)を摂るのをやめました。
これは、水分で消化酵素の邪魔をしないため。
アシュラムの人達はあまり無駄に水分を摂りません。
ことあるごとに暖かいチャイを飲みますが。
その他はよほど汗をかいたり暑かったりした時にメディスンウォーターと呼ばれる薄いピンクのハーブティーを少し飲みます。
これも常温。
冷たいものを飲んでいるのをほとんど見た事がないです。


毎日お米を中心とした軽いベジタリアンフードで、油も最初炒める時に少し使う程度。

朝起きた時に、舌の上にアーマ(毒素)が溜まらなくなりました。

このような食生活だと、まず身体の感覚が軽くなります。
Yogaの時間もこころなしか動きやすい感じがします。
たぶん体質や身体の中が大幅に変わったんでしょう。


毎日やっているYoga&瞑想&プラーナヤマもアーユルヴェーダの一部としてすごいパワーを発揮してくれています。

Yoga で身体が動きやすくパワフルになっていくのはもちろん、プラーナヤマで自然のエネルギーを取り入れて気力と活力を充実させるのもとても大切な事です。
そして深い瞑想により自分の根本に立ち返る事で、周りに起こる出来事がとてもスムーズに、スピーディーに進むようになりました。

自分でも驚くくらい。



他にも、アーユルヴェーダの恩恵をあげるときりが無くとても深いものですが、インドに来て、実際に見て感じて、この素晴らしさを日本のみんなにもぜひ知ってもらいたいとますます思うようになりました。
生きる知恵として活用してもらいたい、そしてそれによってより多くの人たちがもっと楽しく幸せな生活ができればとても素晴らしい事です。


いま、日本に帰ってからの展開をもう考え始めています。



インドKeralaの空気感をそのままもって帰って、Yoga のクラスやアーユルヴェーダのクラス、そしてアーユルヴェーダのマッサージなどを伝えたい。


来年早々スタート予定。


たくさんの人とたくさんのシェアを出来ること、楽しみにしています。
[PR]
by takagoyasuko | 2009-10-26 19:02 | ケララ滞在記

Kerala food 基本の『き』

f0144357_1619023.jpg


ケララのお料理には絶対かかせない物があります。

何を作るのにも必ず(ほとんど)入ってるものをご紹介!

まずニンニクの皮むきからお料理は始まる!!
と言っていいほど、いい奥さんになるにはとっても必要な技術です(笑)

・ニンニク
・しょうが
・タマネギ
・グリーンチリ
・カレーリーフ

これらを細かく刻んで用意しておきます。
グリーンチリは食べる時によけるので、縦に半分に切っておきます。


f0144357_16473032.jpg


*ココナッツオイルをよく熱して、そこにつぶマスタード(黒い小さいつぶ)を少しずつふり入れます。
一気にいれるとはじくので注意!

そこに最初に切ったニンニクと、しょうが、タマネギ、グリーンチリ、カレーリーフを入れてさらにいためて香りを出します。

そして、ターメリックやマサラパウダーを加え香りが出たら、

*炒め物の場合は、
あらかじめ下ゆでしておいた野菜を水気を切ってから入れて炒めます。
そこに削ったフレッシュココナッツを入れさらに炒め、少しだけ塩を加えます。



*カレーなど汁ものの場合は、
野菜を煮汁ごと加え、そこにココナッツミルクを入れて煮立ったら味見をして少しの塩を加えます。


野菜は何でもOK!

カボチャのカレーや、ビーツの炒め物なんかも美味しいですよ。

ぜひおためし下さいね。


f0144357_16483197.jpg

誰か、日本でココナッツを手に入れる方法を知っていたら教えて下さ〜い。
できればフレッシュ、もしくはドライのココナッツの形のままの物があれば美味しくできま〜す。
[PR]
by takagoyasuko | 2009-10-03 16:50 | ケララ滞在記

Ayurveda Medicines

f0144357_16354780.jpg


アシュラムにはMedicine Roomと言われる部屋があり、いつもたくさんのお薬が列んでいます。

そのうち約半分くらいは、ここアシュラムで作られています。
それを丁寧にビンに詰めて、ラベルを貼って・・・

たくさんの行程を経て作られるMedicine 。
いまその作り方も勉強中。


f0144357_1646823.jpg


たくさんの人を幸せにするMedicine。
私も心を込めてお手伝いをしています。


近いうちにみなさんにもお届けしたいと思っています。
楽しみにしていて下さいね!


f0144357_16484665.jpg

[PR]
by takagoyasuko | 2009-09-24 16:36 | ケララ滞在記
f0144357_16404365.jpg


お隣さんのシェンマ ファミリー。

女の子の名前はParu (パール4歳)。
この写真は始めて会った時に撮ったもの。

ピュアな瞳に引き込まれそうです。


f0144357_16423010.jpg



シェンマ ママとそのBaby(5ヶ月)。

こちらでは子供に、墨のようなもので目や眉毛にメイクをします。
なぜなのかは確認中。
ポヨ〜んとした赤ちゃんの顔が、いきなりシッカリ顔になるのは面白いものがあります。



シェンマはMalayalam語しかしゃべれなくて、まったく言葉は通じないけど、とっても仲良しになりました。

雨が降ったら洗濯ものを取り込んでくれてたり、ランチをご馳走してくれたり(カレーです!)、ブラウスをお直ししてくれたり(サリーの下に着るやつです)。
まったくわからないMalayalam語で、まるで私が全てわかっているかのように明るく話しかけます。


そんなシェンマが時々ふっと寂しい顔になる時があります。
フィッシャーマンだったこの子達のパパは1年前に突然海の上でハートアッタックで亡くなったそうです。
そんな時、目からこぼれ落ちる涙をただただ見守る事しかできません。

働く手がいない事もあり決して楽ではない生活だけど、Paruの世話をしたりBabyと添い寝している姿は幸せそのものに見えます。

ナチュラルに、シンプルに、そしてピュアに生きているシェンマを見てると、「本当の幸せってなんなんだろう」ってすごく考えさせられます。

本当に必要なものは、愛情だけじゃないかなって。
他にはなんにもいらないんじゃないかなって。


なんだかここ来て、いろんな事を考えたり、感じたりします。
そういう場所なのかもしれません。
インドって。


f0144357_16444335.jpg


Paruは時々こんな大人っぽい表情も見せます。

その表情にドキッとした瞬間、自然とシャッターを押していました。
[PR]
by takagoyasuko | 2009-09-21 16:44 | ケララ滞在記

Wedding in India

f0144357_202069.jpg


インドの花嫁さん。

華やかで初々しくて可愛い!☆


頭には芳しい香りのジャスミンの花をたくさん飾ります。


f0144357_20211196.jpg


一番長いネックレスは、「オーム」って書いてあって、結婚している証拠だそうです。
日本の結婚指輪みたいな物ですね。

みんなそれぞれ人によりデザインが違って、結婚してなくても欲しくなるくらい素敵です。




どこの国でも昔からの民族衣装っていいものです。
[PR]
by takagoyasuko | 2009-09-18 20:21 | ケララ滞在記

Newspaper

f0144357_19545231.jpg

なぜだか私、現地の新聞に載りました。


それほどまでに日本人は珍しいらしい・・・


こちらに来て日本人には一人も会っていません。
その他の国の人は、近くのホテルに泊まっているのをたまに見かける程度です。


写真を見てもお分かりのように、かなりディープなインドです。


何か表彰式のようなイベントにスワミジと出かけてそこで取材を受けました。
日本からきたヘアメイクアーティストって紹介されてるみたいです。



f0144357_19573485.jpg


新聞のまん丸くて可愛い文字は、Kerala州の言語
MALAYALAM(マレヤラム)

基本的な発音は [AIUEO][Ka Ki Ku Ke Ko]
日本語とかなり似ています。

ただいま勉強中!
何か覚えたら報告しますね。









始めてサリーを来てみました。・・・正確には着せてもらいました(笑)

インドの気候に合っていて着心地もいいし雰囲気が女らしくてとってもお気に入りです。


ただ横から見るとお腹が見える・・・
かなりエクササイズが必要な感じです!!


***********************
なぐちゃん、シミズマさん、コメントありがとう。
アーユルヴェーダとヨガをやってるなら、ぜひ一度インドに来てその気を感じて見るのもいいと思います。
根本に流れる何かを感じるだけでその後、アーユルヴェーダやヨガに取り組んでいるときの気持ちがぜんぜん違ってくると思いますよ。

やってなくても、その気の流れの中にいるだけで、自然と穏やかで優しい気持ちになれるでしょう?
それは全てに通じて影響するからとっても大切な部分なんだろうって、とても感じます。

また覗きにきて下さい。
私のBlogを通じて少しでもその気を吸収して下さいね。
***********************
[PR]
by takagoyasuko | 2009-09-18 19:59 | ケララ滞在記

お友達へのメールより

f0144357_20409100.gif



メールありがとう。
元気で何よりです。

いろいろ揺れてるみたいですね。
今の日本の中にいたら何をやっていても揺れずには暮らせないでしょう。

心が動くから先に進むんだと思うので、そんな自分を慈しんで一歩はなれて見守ってあげて下さい。



自分の考えの中だけで、安定する場所を作ろうとして、それが上手く(不具)いかなくなると不安になる。
「読んで字の如く」です(笑)

何がおきても自分にとって悪いことは起こらない。 
その事だけ忘れなければ『不安』って言葉はなくなるかもね。


自分を信じて、自然の流れに逆らわないで、その流れを深いところで静かに感じとってあげてください。
頭だけで考えないで。


自然と一体になれば自ずと進む道が見えてくるかもしれないですね。



帰ったら会いましょう。
元気な顔を見れるのを楽しみにしていますね。


yasukotakago



(shirokoちゃんへのメールより)

**写真**インドではお香もこんなにかわいい箱に入ってます。
[PR]
by TakagoYasuko | 2009-09-16 20:42 | ケララ滞在記

オーナムフェスティバル

f0144357_18231090.jpg
f0144357_18234441.jpg
f0144357_18241620.jpg
f0144357_18244081.jpg


インドケララ州の秋のお祭り、オーナムフェスティバル。

お家にはお花を飾り、バナナの葉っぱの上にご馳走を並べます。
なんとなく日本のお正月のような感じ。


アンマが一生懸命作ったご馳走。
とっても心がこもった優しい味でした。
[PR]
by takagoyasuko | 2009-09-12 18:24 | ケララ滞在記

MUNA

f0144357_2132164.jpg

スワミジが何年後かにはここに移り住みたいと思っている場所『MUNA』。


切り立った岸壁や、澄んだ水が流れ落ちる滝、たくさんの植物、そして立ち籠める霧。
大きな自然に包まれるようにして、自然の一部として暮らす場所。

まるで仙人のように・・・



f0144357_21332714.jpgその次なる場所に行ってきました。
その気を吸収してきました。


スワミジが、今の海から次なる山奥へ移る頃、自分はどこで何をしているんだろうか・・・
そんな思いがふっと脳裏を霞めます。


自分が自分でいれる場所。
どんな環境に自分を置けばこの地球や宇宙と一体化して、自然体でいる事が出来るのか。


考えた事はありますか?




『今ここ』だけにとらわれず、この大きな地球全てを視野に入れて広い範囲で考えてみてもいいのかもしれません。


f0144357_21341363.jpg



*********************
akiyama san コメントありがとう。
私がインドにいる事で、一緒に何かに気づくきっかけになってもられば嬉しいです。

何か感じたらまたコメントくださいね。
*********************
[PR]
by takagoyasuko | 2009-09-04 21:34 | ケララ滞在記